京都トコ会館

講師紹介

ヨガスタジオFIVE ELEMENTS 講師紹介  

Ai(渡部 愛) Ai(渡部 愛)
A i (渡部 愛)
  • SVYASAインド中央政府公認ヨーガインストラクター
  • 日本チャクラワーク協会認定チャクラワーク講師
  • YOGA Ed.認定キッズヨガインストラクター
  • 大阪アーユルヴェーダ研究所
  • アーユルヴェーダ基礎講座・薬学講座修了
  • YAJ伊藤武マルマ・ヨーガ講座終了
  • 健美サロン渡部スタッフ

1998年、はじめてのヨガの後、経験したことのない
「こころと身体の軽さ」を味わいます。

同じ頃、バックパッカーの旅でインドの聖地リシケシを訪れ、
インドの人々独特の世界観に惹かれます。

それらをきっかけに、人の〈こころ〉や〈からだ〉、
またこの世界は無限の可能性を秘めていると思うようになり、
私のヨガの探求が始まりました。

その後、カイロプラクティック・整体・アーユルヴェーダを学んだ
経験ももとに、〈からだ〉→〈こころ〉へのアプローチを大切に
ヨガをお伝えするようになりました。

皆さんに、私が学び体得したヨガのエッセンスを
少しでもお伝えできたら嬉しいです。
ヨガを知れば、いらない価値観やこだわりを手放して、
日々の暮らしをシンプルにすることができると思います。
一緒に楽しみましょう!

Saori Saori
Saori  
  • SVYASAインド中央政府公認ヨーガインストラクター
  • 日本チャクラワーク協会認定チャクラワーク講師
  • サントーシマ香 ムーンサイクルヨガ指導者養成講座修了
  • Bliss baby yoga不妊治療ヨガと意識的な妊娠について
     学ぶヨガWS受講
  • 健美サロン渡部スタッフ

ヨガとの出会いは2006年。企業で10年以上勤め、
心身にストレスを抱えて自分が自分でないような時も、
ヨガをすると自分に戻れる気がして、
もっとヨガのことを知りたいなと学びをスタートしました。

仕事帰りに電車を待っていると、
特に何があったというわけではないのに涙がこぼれるような
毎日が続いた頃、子宮のトラブルがきっかけで、
女性の心身に関わるヨガを学び、練習し始めました。
そして、同じような経験、感情を抱いているかたの
少しでも役に立って生きていければと思うようになりました。

あたらしい暮らしに一歩を踏み出し、新たな命を授かったのは、
ヨガで心身を整え、自分の中心へと少しずつ還っていったことが
大きく影響していると感じています。

このような体験から、女性の心身をサポートするよう
心がけています。私の体験に基づくヨガをシェアして、
みなさんが、より自分らしくあることを感じられる、
心とからだに耳をすます時間になれば、とても嬉しいです。

Saori Saori
Sayaka  
  • 全米ヨガアライアンス認定200時間修了
  • 米国クリパルセンター公認ヨガ教師(200時間)

心身の不調に悩んでいた頃にクリパルヨガに出会い、
ヨガを通じて人の持つ優しさに触れ、固まっていた体と心が
少しずつほどかれていく経験をしました。週に1回の
クラスやワークショップが楽しみで仕方がなかったです。

練習を続けていくうちに、自分を攻撃していたのは、
他の何物でものない自分自身だったと気づき、
誰もが持っているはずの可能性に目を向け、進んでいこうと
思えるようになりました。

クリパルヨガでは結果に囚われず、体の内側で起こっている変化に
気付く練習をします。そして気付いたことを評価せずそのままに、
興味を持って観察することを大切にします。

起こっていることに正解不正解はなく、全て必要な体験です。

本当に自分が望んでいるあり方は何ですか。
そんなところに目を向けながら、日常を大切に
丁寧に一歩一歩進んでいきたいです。

ヨガのクラスに行くと何となく体の調子がいいし、
元気になった気がする。そんな感覚を大切に、自己探求のヨガ、
一緒に練習していきませんか。

Naoko Naoko
Naoko  
  • 米国クリパルセンター公認 ヨガ教師

体の不調をきっかけにヨガを始めました。

ポーズの形にとらわれず、自分の内側で起こることを観察し、
気づき、その気づきを、ヨガをしているときだけでなく、
日常生活へと活かしていこうとするクリパルヨガに出あい、
今まで知らなかった自分や、うすうす気づいていたけれど
気づかないフリをしていた自分、色んな自分を発見しました。

今までいかに自分で自分にたくさんのダメ出しを
してきたかということに気づかされました。
気づきを得るたびに、こわばって固まっていた心や身体が、
少しずつ解放されて緩んでいくことは、嬉しい恩恵でした。

クリパルヨガでは、柔軟性やポーズの完成度を求めず、
自分の呼吸や身体とつながって、自分の内側に起きてくることを、
ただジャッジせずに眺めることを大切にしています。
身体が硬いからヨガなんて・・・と感じている方は
多いと思いますが、大丈夫です。

自分のペースでできるよう、
安全な空間をご用意してお待ちしております。
安心してお越しください。

hitomi hitomi
hitomi  
  • yogaclip@home 主宰
  • ayurveda salon*sunya 主宰
  • 全米ヨガアライアンスRYT200認定資格習得
  • kidsyoga&ayurveda TT 終了

妊娠・出産を期に忙しい毎日に疑問を持ち、内側に意識を向け、
より自分を生きたいと感じてヨガ・禅を学び始める。

以前から生業にしていたトリートメントも、自然と調和し
本来備わった身体の生きる力をサポートしたいという想いから、
東洋医学・アーユルヴェーダへと移行。

日々の豊かさの中で穏やかに暮らすこと。
持ちすぎないこと。
出来るだけシンプルに自分を生きること。
日常を大切にする。
呼吸を感じる。
瞑想する。

平和を願ったとき、わたしが出来るのは
「今、この瞬間の呼吸を深くすること」でした。

ヨガやアーユルヴェーダ、そして禅が教えてくれた、
生活に役立つ学びをみなさんとシェアしていければと思います。

Maiko Maiko
Maiko  
  • 管理栄養士
  • 全米ヨガアライアンスRYT200修了

大学卒業後、管理栄養士として健診センターに所属。
働く人たちの健診後フォローアップを行い、
飲食店メニューの栄養価監修などにも携わる。
メディカルフィットネスでも活動し、
介護予防事業において栄養指導を行う。

食事だけでなく体を動かすこと、自分の身体と向き合うことの
大切さを感じている中、キッズからシニアまで出来るヨガに
興味を持つ。

OM YOGA Groupにて全米yogaアライアンス200時間取得、
ヨガスタジオヴィオラトリコロールにてkids yogaを学ぶ。
子どもや女性を中心に、食・運動の両面から、からだとこころを
健やかに保ち、育てるお手伝いが出来るよう活動しています。

体が硬いからyogaは難しい。そう思っている方こそ
yogaを一緒に始めましょう♪
わたしも、カチコチの体で不安な気持ちで始めたyoga。
そんな方ほど、体の変化を実感できるはず。
自分の体を知り、体の変化を感じることが出来ると、
無理をせず気持ち良く体を動かすことができるようになりました。

みなさまにも、自分の体を感じていけるyogaを
お伝えしていきたいと思っています。

Yuko Yuko
Yuko  
  • アーユルヴェーディック・ヨーガセラピー講師養成修了
  • 全米ヨガアライアンス認定200時間TT 修了
  • ヨガ解剖学50時間TT 修了
  • アーユルヴェーダ基礎講座・食事学講座修了

2005年、最初は身体を動かす気持ちよさからヨガをはじめました。
その後中々子どもに恵まれず、精神的に落ち込んでいた時期、
ヨガをしている時にとても心が落ち着いていることに気づきました。
この幸福感は何なんだろう、と思いヨガ哲学を学びはじめました。

日々実践するにつれ、段々心身の状態も整い
「あ、別に今のままでもいいんだな、妊娠をゴールに
思わなくてもいいんだ」自然にそう思えた頃、
たまたま赤ちゃんがお腹に来てくれました。

そして妊娠・出産・子育てと慌ただしい時の中、
ヨガが常に私を支えてくれました。

私もヨガを伝えていく中で少しでも誰かの役に立てますように。
そう願って心を込めて、出会うことができた皆さんと
平安なヨガの時間を過ごしていきたいと思っています。

yukiyo yukiyo
yukiyo  
  • チャクラワーク講師養成講座受講
  • YOGA Ed.認定キッズヨガインストラクター

2007年第2子出産後、ボロボロだったカラダとココロを癒すため
ヨガを始める。鉛の様に重たかった体と心がほぐれていく感覚が
たまらなく気持ちよかった。
それにヨガの精神世界が、幼少の頃から抱いていた
『生きる意味』や『自分て何なんだろう』という
探求の道しるべにぴったりだと感じた。

小さな子どもがいる生活の中でヨガに費やせる時間は
限られていたが、その限られた中でのプラクティスが
より意識を集中させてくれた。
そんな大好きなヨガを子ども達に伝えたい!と
2009年キッズヨガの資格を取得。
その後、地域の保育園や教室で親子ヨガや
キッズヨガのクラスを担当。

第3子出産を機に活動を中止し自身のプラクティスと
生活に集中していたが、2015年日本に一時帰国されていた
masumi先生のWSを受講。
その後の受講後の気持ちの変化の大きさに、驚きと嬉しさで
もっともっと知りたくなり、沖縄でのTTを受講する。

「我が家の末っ子はやっと3歳になりましたが、
まだまだお世話に追われ目まぐるしい日常を送っています。
そんな中出会ったチャクラワークで、私自身の人生が
大きく動き出し、楽しく満たされいくのを感じています。
これから出会える方が楽しく過ごせるお手伝いができれば、
とてもとても嬉しいです」

yukiyo yukiyo
Yumiko  
  • Space”Be” / HYMS TOKYO 認定ヨガインストラクター
  • Himalayan Yoga Tradition TTP Level.1 受講
    (Swami Rama Sadhaka Grama, India)

わたしにとってのヨガは「日々をごきげんに暮らすために
必要不可欠のもの」です。
マイナスでもプラスでもなく、0ポイントに立ち返るためのもの。
「わたし」という愛に、出逢う時間。
そんな時間が、ヨガを通じてより多くの人の日常に
少しずつ浸透していったら素敵だなと思っています。

ひとときは外側にばかりアンテナがたってしまい、
自分がなにを感じ考えているのか
わからなくなった時期がありました。
そんなときにヨガと出会い、少しずつ自分本来の感覚を取り戻し、
その感覚を生かしつつ日常生活とどう折り合いをつけていったら
よいのだろう?と日々試行錯誤してきました。

ヨガのあとで、みなさんのほやっとゆるんだ顔を見るのが好きです。
大切にしているのは「ワンネスの、その後」。
すべてがひとつであるということを深く理解したうえで、
個としていかに生きるか、がテーマです。

グリーフサポートを伝えているリヴオン主催の
「いのちの学校」という枠組みでも年に数回、
ヨガの講座をもっています。
ほかに、サビアン占星術のセッションなどもしています。